フェルトと陶ボタン WORKS

     f  u  r  u  k  o  c  h  i  e
web site ↑







道具その6 (Ply-Split)
0

     

    プライスプリット用の針

     

     

    昨年からプライスプリット(Ply-Split)のワークショップに参加しています。

     

    プライスプリットとは日本語で「撚り割り技法」といって

     

    撚り糸を割って糸を組んでいくイメージの技法です。

     

    インドの北西部で古くから遊牧民がラクダの腹帯をつくるために用いたテキスタイル技法らしいです。

     

    いろいろな技法があって数回体験しただけでは技術取得は難しいですが😢

     

    回数を重ねるしか上達の道はないですね^^;

     

    資料もかなり少ないです。↓専門書

     

    とりあえず小さいものからチャレンジしていこう思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

    | フルコチエ | works | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    道具その5
    0

       

       

      ドイツ製の二ッティングマシーン。

       

       

      | フルコチエ | works | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      道具その4
      0

         

         

        フェルト用の打刻マシーン。 


        ラジオを聞いていたら、アンティーク文具の収集家の方が

         

        「文具だと思ったらフェルト帽子用の機械だったので、欲しい方お譲りします」

         

        とお話ししていたので、思い切ってメールをしていただいたものです。


        固定して使ってみたらきれいに打刻できました。

         

         

        #ラジオ #1889年製 #フェルト帽子用打刻機

         

         

        アルファベットをダイヤルに合わせます。

         

        フェルトを挟んで、レバーを下に下げると打刻できます。

         

         

         

         

         

         

        | フルコチエ | works | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        道具その3
        0

           

           

          ◯糸撚り器

          糸4本を撚ることができます。

          日本では3本撚りが主流のためアメリカから取り寄せました!

           

          フェルトカバンの紐用に撚り合せたもの。

           

           

           

           

           

          | フルコチエ | works | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          道具その2
          0

             

             

            数年前に購入した「ろくろ式織り機」

             

            シルク糸でざっくりした布を織りたいと思いつつ、ほとんど白い生地に被さったままです、、。

             

            卓上式で十分だったかもとちょっと後悔しましたが、、いつか。

             

            4枚綜絖ならろくろ式が一番扱いやすい気がします。

             

            機具店さんにお願いして、胸木の両端を平らにして頂きました。

             

            これでバッチリ!いつでも織りはじめられます(^^;;

             

             

            | フルコチエ | works | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            道具その1
            0

               

               

              今まで、購入するか迷っていたドラムカーダー。

               

              あったら便利だろうなーとは思っていたのですが、

               

              結構高額なので、使用頻度と置くスペースのことを考えたら

               

              まぁ、ハンドカーダーでなんとかなるかーと思っていたのですが

               

              この度、知人から譲っていただきました!

               

              久しぶりに使ってみると、たくさんの羊毛を一気にカーディングできとっても便利。

               

              最近、道具が増えつつあります。

               

               

              | フルコチエ | works | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              かたちは空豆
              0

                 

                ガレット・デ・ロワのフェーブ

                 

                Bochum-cafeさんからのオーダー品です。

                 

                ガレット・デ・ロワとはフランスの伝統菓子で焼菓子の中にフェーブを入れて当たりを楽しむようです。

                 

                依頼内容が、「空豆の形、一番の理想が『魔法使いサリー』のよしこちゃんの弟、三つ子の顔のかたち」とのこと。

                 

                たしかにー!そら豆のかたち、よしこちゃんも同じような気もするけど、三つ編みがあるからね。

                 

                フェーブはもともと乾燥した豆を使っていたので、

                 

                フランス語で空豆を意味する「フェーブ」と呼ばれているようです。

                 

                金彩の面積を多くして当たりのキングっぽくしました。

                 

                 

                 

                | フルコチエ | works | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                準備中
                0

                   

                  9月のイベントでのワークショップの準備中です。

                   

                  この夏は暑さに負けず、いろいろ準備を進めていこうと思います。

                   

                  やりたいことが山積みです。

                   

                  形になるか、まだ分かりませんが、、

                   

                   

                   

                  | フルコチエ | works | 16:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  窯 熱線交換のはなし
                  0

                    今回は窯のメンテナンスについてです。

                     

                     

                     

                    現在、使っている100Vの窯がなかなか1200度以上温度が上がらず、

                     

                    ヒーター線の交換をすることになったので今回まとめてみました。

                     

                    ヒーター線は100回から200回本焼き焼成ができるようで、キープ時間や棚板の枚数によって

                     

                    寿命も変わってくるようです。

                     

                    まず窯の前面カバーを開け接続金具を外します。この行程は説明書があれば問題なかったです。

                     

                     

                    そして古い熱線を取り外します。ラジオペンチで簡単に切れます。

                     

                     

                    新しい熱線を溝に入れていきます。

                     

                    熱線の取り外しと取り付けには炉壁がポロポロと崩れてしまいますが

                     

                    ある程度崩れるのは仕方がないみたいです。

                     

                    陶管に熱線を通してみると、熱線が少し長いので切断しなければなりません。

                     

                    ペンチで切ろうとしてもなかなか切れずメーカーに問い合わせをしたら

                     

                    ラジオペンチで無理でしたらニッパーで切ってくださいとのこと。

                     

                    ニッパーでも試しましたが全く硬くて無理でした。

                     

                     

                     

                    結局、工具では無理だったのでガスバーナーで熱してからペンチで切断しました。

                     

                    慣れない作業に半泣きです。

                     

                     

                     

                    熱線が入ってた溝をみると、炉壁にヒビが入っていました。

                     

                    炉壁補修剤できれいに直そうと思い、陶芸ショップさんに商品について質問をしてみたところ、

                     

                    「ひび割れの具合にもよりますが、亀裂や1〜2mmのヒビであれば
                    無視しして修繕しない方が良いとの思います。
                    ひび割れは熱による膨張収縮によって生じます。僅かな亀裂や
                    ヒビを補修すると膨張収縮を止めてしまい、ヒビなどがさらに
                    広がる場合もあります。昇温などにもほとんど影響はありません
                    のでもっとヒビがおおきくなるまでそのままでも良いと思いま
                    す。」

                     

                    とのことでした。なるほど!陶芸ショップさんはとても親切な対応で安心です。

                     
                    窯の寿命についても聞いてみました。


                    「100Vの窯の寿命はどのくらいなのでしょうか?
                    今回、ヒーター線を交換して炉壁はポロポロと壊れていく部分もあり、
                    3回目は難しいのではないかと感じております」

                     

                    回答
                    「3回目の交換は出来ると思います。炉壁が多少崩れていくのは仕方
                    ありません。
                    4回目となると、炉壁の蓄熱性が無くなっていきますので、昇温に
                    支障が出てきて温度が上がらなくなるタイミグがだいぶ早くなる
                    と思います。そうするとヒーター線を交換するのが早くなるので
                    もったいないかな・・・と言った感じになるので電気窯の寿命
                    とお考えいただいて、買い替えなどをご検討いただくタイミング
                    になってくると思います。」

                     

                    ご参考までに。

                     

                     

                     

                    | フルコチエ | works | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    久々です
                    0

                      久々に更新です。

                      パソコン環境が整ったのでようやく更新できます。

                       

                      先日の布博in東京vol.7にお暑い中おいでいただきましてありがとうございました。

                       

                      今回はnunohaku菓子店に参加させていただきました。

                       

                       

                       

                      nunohaku菓子店とはつくり手と菓子店のコラボ企画です。

                       

                      今までもお菓子のパッケージやお菓子自体のデザインなど楽しいコラボレーションが生まれています。

                       

                      お菓子は昨年の個展でお世話になったstabsweetsさん。

                       

                      お菓子作家であり、所沢で教室を開いている方です。

                       

                      美味しいお菓子を作るstabsweetsさんと是非ともコラボレーションをしたいと思いお願いしました!

                       

                      イメージは色々なボタンが散りばめられた様子。

                       

                      今回クッキー用に型をつくり再現していただきました。

                       

                      完成まで↓

                       

                       

                      完成イメージ

                       


                      最初ボタンは印刷予定でした。

                       

                       

                      iPhoneImage.png

                      クッキー型も生地に合わせていくつか制作。

                      生地は焼くと膨らむので、はじめは模様がうまく出なくて溝の深さを変えてみました。

                      クッキーサンプルもたくさん作っていただきました。

                       

                       

                       

                      留め具のボタンに紐を通して。

                       

                       

                      iPhoneImage.png

                      夏らしいパッケージに!

                       

                       

                      iPhoneImage.png

                      テーブルコーディネーターでもあるstabsweetsさん

                      打ち合わせの際はいつもオシャレで美味しいものをいただきました。

                       

                       

                      今回初めての試みでドキドキしていましたが、

                       

                      打ち合わせを重ねてカタチになっていくのが本当に嬉しくてワクワクしました。

                       

                      どうもありがとうございました!!

                       

                       

                       

                       

                      | フルコチエ | works | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE